Q.「大長商事」とはどのような会社ですか?

 

 当社のルーツは1958年に個人創業された「おみくじ自販機」のベンディングサービスです。そしてその10年後に大長商事株式会社として法人化され、幾多の変遷を経て現在の「複合型アミューズメントビジネス」として成長してきました。

 

その後、順調に成長してきた当社ですが、2008年のリーマンショックの影響により不振に陥り、翌年には「民事再生の申し立て」を行うことになります。

 

再生への取り組みの中で『アミューズ(ゲーム)』『カプセルトイ(ガチャガチャ)』『室内型プレイランド(ニコニコガーデン)』を複合させた現在のビジネスモデルを完成させ、2016年8月には民事再生計画を完了、完全復活を成し遂げます。完全に生まれ変わった当社は、まさに『第二創業期』を迎えています。

 


 

Q.現在の事業内容と将来展望は?

 

 現在の「複合型アミューズメントビジネス」の最大のメリットは『多様性』。

小さなお子様からそのお父様やお母様世代、おじいちゃんやおばあちゃんに至るまで、様々なニーズに応える事が可能となりました。出店エリアを問わず対応可能な当社のパッケージは、お取引先様より高い評価を受けており、現在も出店オファーを頂いています。

 

 スマートフォンの普及に代表される余暇活動の多様化、AIやIoTの発達、今後迎える超少子高齢化時代は新たなビジネスチャンスでもあります。幅広い年齢層や様々なニーズに訴求可能な『複合型』のメリットと『体感型』だからこそ生まれるご家族の『笑顔』。

 

ー今後も当社は『新たな遊びのカタチ』を皆さんと共に追い求めていきます。